【特典付き】バンガード VANGUARD ALTA FLY 58T (アルタフライ)【トローリーカメラバッグパック】【機内持ち込みサイズ】【カメラバッグ&ピストル雲台プレゼント!】

シャトー・ラグランジュ [2000]750ml-サン・ジュリアン


この10年強で最も印象的なラグランジュの2000年は、光を通さないほど濃い紫色をしており、大柄で、スモーキーなノーズは新樽と混ざり合ったクレーム・ド・カシス、チェリー、鞍革、スパイスを思わせる。ミディアムからフルボディで、タンニンは強く、豊かさや余韻の長さが印象的なこのワインは、2008~2025年が最盛期となるはずでである。

輝かしいワインだ!パーカーポイント:93
最終試飲年月:2003年1月 ボルドー第4版より抜粋

16度前後で抜栓、デキャンタージュし1時間くらい置く。デキャンタージュ時、ライトの光が通りにくいほどの濃い紫色だ。赤い花、カシス、ダークチェリー、ブラックベリー、赤身肉、鞣革、黒胡椒、ナツメグ、メース、オレガノ、タイム、杜松の実、バニラビーンズ、クローブ、インク、黒い土系のニュアンス、とにかく物凄く濃い。途轍もなく凝縮されたフルーツが弾けるように口一杯に広がっいる。余りのパワーとスケールに最近感じていたラグランジュの印象がいっぺんに変わりそうだ。今までに、こんなに強烈なラグランジュに出会ったことがない。甘くこなれているが、緻密でギチッとしたタンニンとしっかりしたボディ・コクを形作る肉・革系のニュアンス(若いのに鞣革を感じる)そしてインク、杜松の実、クローブなどの黒をイメージするハーブ達やバニラビーンズなどが、スパイシーでローストしたようなな雰囲気を付け加えている。一瞬、ポイヤック?と思ってしまった。ところが時間が経つと強さ・豊かさを持ったまま、柔らかくエレガントになり、染み入るような黒い土系のニュアンスを伴いながら、長く伸びるフィニッシュへと繋がっていく。この雰囲気はまさに上等のサン・ジュリアン。はっきり言って、現在飲むには早すぎます。でもこの先この価格では入手するのは困難なものとなるでしょう。      H17.09.03

NW-A57/G ソニー ウォークマン A50シリーズ 64GB ヘッドホン非同梱モデル(ホライズングリーン) SONY Walkman

シャトー・ラグランジュ [2000]750ml-サン・ジュリアン

シャトー・ラグランジュ [2000]750ml-サン・ジュリアン

【08シリーズ完結!世界12000本限定!】 オクトモア 08.4 ヴァージンオーク 58.7% 700ml

シャトー・ラグランジュ [2000]750ml-サン・ジュリアン